第22回なごらん祭りの概要

開催日時
2015年5月2日(土)~6日(水)09:00~17:30(入園は17時まで)
会場
名護自然動植物公園ネオパークオキナワ メインハウス1階展示場
(〒905-0012 名護市名護市名護4607-41)
アクセス
* 那覇空港から111番・高速バスにて名護バスターミナルまで約1時間30分。名護バスターミナルより、67番辺土名線、73番川田線、72番屋我地線または66番本部半島(今帰仁)線に乗車、伊差川バス停下車、徒歩約20分。
* 駐車場:約500台。
アクセス詳細
入園料
大人660円、中人330円 、小人220円(消費税込み)
主催
ネオパークオキナワ
お問い合わせ先
ネオパークオキナワ  Tel:0980-52-6348
公式サイト
第22回なごらん祭り – ネオパークオキナワ

ネオパークオキナワの詳細地図

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

ナゴラン(名護蘭)紹介(Youtube動画ファイル)

第22回なごらん祭りのハイライト

  • ナゴラン(名護欄)の普及と保存を目的に毎年ゴールデンウィーク期間中に開催。ナゴランの展示販売会が行われます。
  • 1721年に名護岳で発見されたナゴラン(名護欄)は、その美しさから乱獲され、沖縄本島で絶滅されたと言われた絶滅危惧種です。なごらん祭り期間中には「なごらん植付講習会」も開催。
  • 【ネオパークオキナワとは?】
    1992年(平成4年)12月に開園した名護市立の動植物公園です。園内にある広大なフライングケージには、様々な鳥類が放し飼いにて飼育されています。
    国内外の希少動物種を集めて展示している施設・国際種保存研究センターがあり、アマゾン川に生息する世界最大級の淡水魚ピラルクーも飼育されています。
    また、1998年にヤンバルクイナの人工孵化に世界で初めて成功し、長期飼育に成功したことでも知られています。ヤンバルクイナも公開展示されています。

※イベントの開催情報は変更になる場合があります。必ず公式サイトなどでご確認ください。

第22回なごらん祭りのポスター

なごらん祭りの口コミ情報