港川ハーレー海神祭2017の概要

開催日時
2017年5月29日(月)
会場
八重瀬町港川漁港
(沖縄県八重瀬町字港川381番地地先)
アクセス
* 那覇空港から車で約40分。
* 駐車場 100台
観覧
無料
お問い合わせ
八重瀬町港川漁港 Tel:098-998-2261
公式サイト
祭り・イベント情報 – 八重瀬町観光サイト

八重瀬町港川漁港の詳細地図

%

港川ハーレー海神祭のハイライト

  • 毎年、旧暦5月4日に漁民(ウミンチュ)の航海安全と豊漁、地区の住民たちの安泰を祈願して開催!
  • 港川では、糸満と同じく「ハーレー」と呼ばれます。県内でもハーレーと呼ぶのは糸満と港川のみだそうです。
  • 港川ハーレーは八重瀬町の港川漁港へ流れ込む川の河口で行われます。そのため、独特のハーレーを観戦できます。
  • 港川集落の拝所で祈りを捧げた後、沖縄に古くから伝わる漁船(サバニ)に10~11人が乗り込み、掛け声やドラの鐘と共に一斉に漕ぎ始めレース(競船)がスタート。
  • 御願ハーレーや上がりハーレーをはじめ、町内外から参加する職域ハーレーや、町内の小学生~大人まで多くのチームが参加。女性対抗レースも有り。当日は近隣の小中学校が休校となり、多くの見物客で賑わいます。応援合戦のガーエーも見所です!
  • ハーレーが終わった午後からは、全島奉納角力大会が開催。沖縄県内各地から集まった強者が、軽量級・重量級の2部門でど迫力の角力を繰り広げます。
  • 【ハーリー(海人祭)とは?】 ハーリー(海人祭)は、航海の安全と豊漁を神様に祈願して爬竜船(はりゅうせん)を漕ぎ競い合う沖縄の代表的な伝統行事の一つです。 もともと約600年前に中国から伝わったとされ、旧暦5月4日(ユッカヌヒー)に沖縄県各地の漁港などで盛大に催されます。 2017年は5月29日(月)に当たりますが、ゴールデンウィーク中に行われる那覇ハーリーなど、時期をずらして催される所もあります。

※イベントの開催情報は変更になる場合があります。必ず公式サイトなどでご確認ください。

過去の「港川ハーレー海神祭」の様子(Youtube動画ファイル)

港川ハーレーの口コミ情報