おきなわ花と食のフェスティバル2016の概要

開催日時
2016年2月6日(金)・7日(日)10:00~18:00
会場
奥武山公園 セルラースタジアム周辺・沖縄県立武道館・駐車場
(〒900-0026 沖縄県那覇市奥武山町52)
アクセス
* ゆいレール(モノレール)の「奥武山公園駅」から徒歩約5分。「壺川駅」から徒歩約3分。
* 路線バス:那覇市小禄「金城(かなぐすく)」バス停から徒歩1分。
* 臨時駐車場:那覇軍港西側。※臨時駐車場と武道館臨時バス停を結ぶシャトルバスが運行。運行時間 09:00~19:00。
※混雑が予想されるため、モノレール・バス等の公共交通機関の利用を推奨。
* アクセス詳細 会場までのアクセス
入場
無料
主催
おきなわ花と食のフェスティバル推進本部
お問い合わせ先
おきなわ花と食のフェスティバル推進本部(JAおきなわ農業統括部内) Tel:098-860-9446
公式サイト
おきなわ花と食のフェスティバル2016
Twitter
@hanasyoku 花と食のフェスティバル2016

スポンサーリンク

会場となる奥武山公園の詳細地図

おきなわ花と食のフェスティバル2016
おきなわ花と食のフェスティバル2016の会場マップ

スポンサーリンク

おきなわ花と食のフェスティバル2016のハイライト

  • 地産地消をテーマに、沖縄産の新鮮で良質な沖縄の農林水産物・加工食品が一堂に勢揃いするイベント! 毎年2月上旬に開催されていますが、今年も2016年2月6日(金)・7日(日)に、奥武山総合運動公園内のセルラースタジアム周辺・沖縄県立武道館・駐車場を舞台に開催!
  • 沖縄県産品の展示や品評会をはじめ、各種コンテストや試飲食、即売などが行われます。花や食に触れることのできる体験コーナー、6次産業化支援事業の内容や取り組み事例の紹介などもあり。
  • その他、フラワーデザインコンテストやいけばな教室など、花と食に触れるコーナー、など。また、地元の小学生による演奏会や琉神マブヤーショー、郷土の伝統芸能などのパフォーマンスも開催。大人から子どもまで楽しめます!
  • 【園芸フェア】
    ●品評会及び表彰(花き・野菜・果樹)
    ●沖縄県フラワーデザインコンテスト及び表彰
    ※フラワーデザイナーによるデモンストレーション
    ●沖縄県華道連盟による「いけ花展・体験教室」
    ●沖縄産地アート研究会による「おし花展・体験教室」
    ●ガーデニング教室
    ●花き・野菜産地活動表彰
    ●いちおし産地展示コーナー
    ●伝統的農産物展示コーナー
    ●沖縄の果実展示コーナー
    ●オークション(花き・野菜・果実) ※2月7日のみ実施
    ●県産野菜の紹介(駐車場エリア)
    ●花き園芸市(駐車場エリア)
  • 【環境保全型農業展示コーナー】
    ●特別栽培農産物認証制度・エコファーマー認定制度の紹介
    ●有機農産物等の展示・パネル展示
    ●赤土流出防止対策等の紹介
    ●GAP(農業生産工程管理)の紹介
    ●ミカンコミバエ根絶30周年記念展示
  • 【まーさん市場】
    ●県産畜産物(食肉、鶏卵)、県産畜産物加工品の販売
    ●バーベキューコーナー、フードコート
  • 【山の市】
    ●県産林産物、加工品の試食・展示・販売(きのこ、竹炭製品、月桃製品、木工製品、椿製品)
    ●木工・ネイチャークラフト教室(木の枝や実など自然素材活用)
    ●県産木材積木コーナー(武道館)
  • 【海鮮市場】
    ●漁協等による水産加工品の試食・販売
    ●魚汁、クルマエビ、モズク餃子等の調理販売
  • 【アトラクション(各団体等)】
    ●琉神マブヤーショー
    ●郷土の伝統芸能
    ●吹奏楽演奏
    ●その他
  • その他、多数のイベント・プログラムが用意されています。
    イベント・プログラムの詳細は、 イベントのご案内でチェック!

※イベントの開催情報は変更になる場合があります。必ず公式サイトなどでご確認ください。

2016年2月6日(金)・7日(日)おきなわ花と食のフェスティバル2016 ポスター

過去の「おきなわ花と食のフェスティバル」の様子(Youtube動画ファイル)

https://www.youtube.com/watch?v=23CHR91FI6U

おきなわ花と食のフェスティバルの口コミ情報