JAL PRESENTS 第15回琉球海炎祭2018の概要

開催日時
2018年4月14日(土)開場15:30、開演19:30~
※雨天決行、荒天時は翌日に順延。
会場
宜野湾海浜公園 宜野湾トロピカルビーチ
(〒901-2224 沖縄県宜野湾市真志喜4-2-1 宜野湾トロピカルビーチ)
http://www.ginowankaihinkouen.jp/
アクセス
* 那覇空港から路線バス:26番・99番に約1時間10分乗車、「沖縄コンベンションセンター前」下車、すぐ。
* 那覇空港から空港リムジンバス約55分、「ラグナガーデンホテル前」下車。
* シャトルバス:那覇発:おもろまち駅前、北谷発:イオン北谷店付近、読谷発:ホテル日航アリビラの3箇所から運行。
* アクセス詳細 アクセス・シャトルバス
料金
入場券(イス無し芝生エリア)大人券(高校生以上)2700円
※指定席(イス席)は別途料金。
※チケット詳細 チケット
主催
琉球海炎祭実行委員会
お問い合わせ
琉球海炎祭実行委員会事務局
 Tel:098-988-4981(平日:10時~17時)
公式サイト
第15回琉球海炎祭2018
Facebook
琉球海炎祭
Twitter
@kaiensairyukyu 琉球海炎祭[公式]

宜野湾海浜公園 宜野湾トロピカルビーチの詳細地図

ルートを検索
第15回琉球海炎祭2018のフライヤー

「第15回琉球海炎祭2018」のプロモーション動画

第15回琉球海炎祭2018のハイライト

  • 2018年で第15回目を迎える琉球海炎祭は日本有数の規模を誇る花火大会です!
    「日本で一番早い夏の大花火 10000発の大花火と音楽のコラボレーション」」をテーマに、スターマインなどを含む約1万発すべてに花火イリュージョンが組み込まれたスペクタルな花火ショーが約1時間にもわたって展開します!
  • 当日は、宜野湾海浜公園トロピカルビーチを舞台に沖縄の夏祭りに欠かせないエイサー隊が会場を盛り上げます。
    そして、沖縄民謡から最新ヒット曲、そしてオペラまで数々のサウンドに合わせてコンピュータ制御された花火が次々と打ち上がります!
  • 世界的なファッションデザイナーであるコシノジュンコ氏が考案したデザインを、2016年にマカオ国際花火コンテストで世界一に輝いた丸玉屋小勝煙火店の花火師が花火を製作。その花火玉を音楽に合わせてコンピューターでプログラミングし、夜空に打ち上げます。
  • 【葛飾北斎×HANABI ILLUSION】

    天才浮世絵師・葛飾北斎(1760-1849)の代表作・富嶽三十六景の作品の一つである
    「神奈川沖浪裏」を花火で演出。葉加瀬太郎の「万讃歌 meets 北斎」に合わせて夜空に打ち上げます! 名画を花火で演出するという、琉球海炎祭初の取り組みに注目!
  • ※指定席以外、椅子は用意されていないため、座布団などを持参すると便利です。また雨天開催のため、雨具の用意も!
  • ※例年、会場周辺は17時から大渋滞します。17時前には会場に到着するようにしましょう!
  • 【夏川りみコンサート~琉球の風を感じて~】
    琉球海炎祭15周年の記念企画として、沖縄県石垣市出身の歌手・夏川りみさんのコンサートが花火開演前の17時〜18時30分、沖縄コンベンションセンター内の劇場棟で開催されます。※有料
    コンサート会場は、花火会場から徒歩1分。
    コンサート終了後は、花火を楽しむことができます!

※イベントの開催情報は変更になる場合があります。必ず公式サイトなどでご確認ください。

第15回琉球海炎祭2018の会場マップ

昨年の「琉球海炎祭」の様子(動画ファイル)

琉球海炎祭の口コミ情報